うつ病の症状や改善方法を知りうつ病の早期治療を行う

セルフチェックをする

うつ病のセルフチェック

心の風邪とも呼ばれるうつ病は、現在では誰もがなりうる疾患の一つとして周知されてきました。しかし身体に具体的が症状が現れないため、単なる一時的な落ち込みや精神の疲れなのか、素人には判断しにくい部分があります。 インターネットではうつ病を専門とするサイトが多く存在し、自分で診断を行えるようになっています。当てはまる項目をチェックしていくだけなので、症状が疾患に当てはまるのか迷っている人が手軽に行えます。 注意点として、うつ病の診断にはいくつかの国際的な診断基準が設けられていますので、それらに則ったチェックであるか確かめてください。個人サイトよりも、メンタルクリニックが運営するサイトである方が信頼度は高まります。

多くの人が診断を行う理由

気分障害の一種であるうつ病では、症状に気分の抑うつや興味・意欲の喪失なのど精神活動の低下、食欲低下や不眠などがあります。しかしこれらの症状は誰もが一度は経験のある精神状態であり、症状が現れたと言っても即座にうつ病と判断できるものではありません。 うつ病の診断は身体疾患と比べ明確に数値で示せる異常がないため、精神的な負担が大きい現代人には、自分がうつか疑う人が多くなっています。 また、他の疾患が原因でうつ状態を引き起こされている可能性があり、ホルモンバランスの異常を伴う全身疾患でよく見られます。さらにうつ病ではなくても、他の精神疾患の症状の一つとして現れている場合もありますので、調子が戻らない時は専門の医師の診察を受ける事をおすすめします。

ページのトップへ戻る