うつ病の症状や改善方法を知りうつ病の早期治療を行う

精神疾患を見守る

精神疾患の常備薬を所持しましょう。

うつ病とは何となく、人に言いにくい病気でしょう。休息や薬物治療で、改善と回復はできる病気です。うつ病になる人は、生真面目な性格なので、自分をオープンに話すことをしません。また歴史的にみて、精神疾患患者への、偏見があるでしょう。これは我が国の、特有の歴史ではあります。ですが現代の、うつ病は誰でもなる、可能性がある病気なのです。寝つきが悪い、焦燥感がある、不安になる事がある、などにはお薬を所持しましょう。まだ予見の状態で、診断されてない時、専門家への相談が適応します。うつ病そのものに、恐怖心や無理解する場合もあるでしょう。それらの時には、クリニック受診や、専門医への診断を仰ぎましょう。総合病院のような、慌ただしさはなく、精神疾患に適応しているでしょう。

優しく見守る精神疾患の療養

主にお薬は一か月で、数千円から五千円前後になります。また症状があり、精神科の予約などが、取れにくい状況のときは安静にしていましょう。何時かは治る病気ですので、自分自身を見つめ治す機会にします。そして病院の診断や、専門家への相談で、身近な人との関わりを考えなおしましょう。人は誰にでも、距離感があります。適度な人間関係を築くには、その人となりの距離感を適切にしましょう。精神科や精神内科の、診断では適切な、人間関係の気付きを与えてくれます。もし医師との間に、早々に信頼関係を築けなら、回復も早いでしょう。また家族がうつ病になると、叱咤激励するのまえに、家族からも適応して患者へ接しましょう。不可効力を与えたり、強要するのは人間関係には禁物なのです。

ページのトップへ戻る