うつ病の症状や改善方法を知りうつ病の早期治療を行う

会社での関わり

同僚がなれば同情します

会社の同僚などがうつ病だと診断されると、同じ会社に人間はショックを受けるものです。うつ病になった原因は何であるかとか、上司との関係が上手くいっていなかったのかなど、いろいろと詮索してしまいますし、自分にも何か助けてあげることが出来なかったかなど、後悔の気持ちが出てきてしまうこともあるのです。仕事の悩みが原因でうつ病と診断されたのではないとしても、家族の門団などで悩んで精神が病んでしまった同僚のことが非常に気の毒に思うものなのです。 きぎゅでもこういった診断をされる社員を出さないよう、企業内でメンタルチェックを専門医を招いて行っていたりします。身体的な健康診断だけでなく、これからは精神面のケアも会社内で行う必要があるのです。

個人でもうつ病の注意をする

うつ病は生真面目な人がかかりやすいと言われています。従ってそのような性格だと自分で自覚している場合、自分で気持ちをリラックスすることに気を配って生活することを心がけなければなりません。残業して頑張っている社員がいたとしても他人のペースに巻き込まれることなく、定時になれば仕事を片付けてさっさと帰ればいいのです。雰囲気的に帰りづらいからと言ってい嫌々残業をするような生活をしていて、結果的にうつ病になったとしても誰も喜びません。従ってあくまでも会社という所は仕事をするためだけに通う場所であると考えて、必要以上に気を使う必要はないのです。一見乱暴な考え方に聞こえるかもしれませんが、生真面目な人はそのくらいに考えて行動するのが丁度良いのです。

ページのトップへ戻る