うつ病の症状や改善方法を知りうつ病の早期治療を行う

うつ病の症状

一般的なうつ病の症状

うつ病は一般的な病気ですが、まだまだ社会の認知度は浅く、偏見を持っている人が多いのも事実です。 ですが、うつを放置しておくと深刻になる場合があります。現代はストレスの大きい社会です。これから生きていくためにも正確なうつ病の簡易診断の方法をを知っておくことが必要でしょう。 簡易診断では、まず自分の置かれている環境を正しく認識し、過度なストレスで、気分やからだに変化がないかチェックしましょう。気分の落ち込みが二週間以上続いている場合と、疲れやすい、体の痛みが伴うことが多い場合は、要注意です。 ストレスがたまっている場合も多いですから、気楽に行ける診療クリニックに相談されることをお勧めします。症状が軽い場合は、ストレスの発散の仕方を教えてもらったり、毎日軽い運動などを行うことで、症状が消えることもあります。 深刻に考えすぎたり、逆に軽く考えていたりするとうつ病の診断が遅くなることがあります。気分の落ち込みや体の痛みが続くようならなるべく早く専門医の診断を受けたほうがいいでしょう。

自己診断と精神科クリニック

おもなうつ病の症状を上げると、「何をしても楽しくない」「興味がわかない」「むなしい」「食欲がない」「悪いほうへばかり考えが向く」「イライラ感がつのる」といった症状があります。 また身体症状も多くあらわれ、睡眠障害、疲労、倦怠感、頭痛、肩の凝り、背中の痛み、便秘、下痢、体重減少などが現れます。 このようにうつ病は気分だけの問題ではなく、実際に体の不調となってあらわれてくることが実は多いです。 その理由は、脳の中の神経伝達物質と呼ばれるものの減少などが関係しているからです。 神経伝達物質は気分の変化に影響するだけでなく、生きるための基本的な生体活動の調節をつかさどっているからです。 血圧の調節や、血液中のブドウ糖や脂質の調節、体温調節、痛みを感じること、消化器官のコントロールなどその働きは様々です。 したがって、うつの症状は体全体の不調を生じさせる病気であるので、専門医にしっかり診断してもらうことが大切となってきます。

自己診断の危険性について

ネットワーク環境の発達により、現在では自分で病状を把握することが可能になりました。 その為、自分がうつ病だという認識を持っていても、病院などに通う事を避ける人も多くなっています。 病院などに頼る時期が遅れてしまうと、自分でうつ病だと把握したときよりも症状が悪化している事もあるのです。 うつ病で悩まされる人の多くの人が、人に頼らずに頑張るという努力家です。 症状が悪化してしまう前に、心療内科などに頼る事が大切です。 うつはとてもデリケートなものなので、一人で抱え込まない事が改善への第一歩ともいえるのです。 自己診断をするだけではなく、周りの人や医師に頼ることもとても大切な事なので、一人で抱え込まないように注意しましょう。

ページのトップへ戻る