うつ病の症状や改善方法を知りうつ病の早期治療を行う

精神疾患を見守る

精神疾患はなかなか人に言いにくい側面があります。元々うつ病になる人は生真面目な性格の人が多く、オープンに話すことが難しいこともあります。治療は周りの人の協力も必要です。医者や身近な人と相談していきます。

» 詳細を確認する

会社での関わり

会社の同僚がうつ病になったという場合、周りのサポートも必要になります。残業ができないといって心を痛めるよりもさっさと仕事を終わったら帰るようにすることや、本人にそのような声掛けをすることも大切です。

» 詳細を確認する

どんなに時間が掛かっても絶対に治る

うつ病の症状

うつ病は一般的な病気ですが、まだまだ理解されにくい病気です。うつ病を疑った場合、簡単にチェックを行うことである程度自分の症状を客観的に見ることができます。しかし、鵜呑みにするのではなく医者に相談を行うことが大切です。

» 詳細を確認する

セルフチェックをする

セルフチェックを行うことで、うつ病かどうか悩んでいる人も簡単にチェックすることができます。また、他の疾患を抱えている場合うつ状態を引き起こすことがあるので、それも併せて考えることが必要です。

» 詳細を確認する

受診をする

うつの症状とその注意点について

うつの症状はそれぞれのケースによって多少出方が変わってきますが、そのほとんどがいくつかの症状を併発しています。うつの症状としてあげれるのが、食欲の低下、睡眠の質の低下、さらにはやる気の低下といった症状です。これらの症状が慢性化することで、さらに頭痛や吐き気、だるさや微熱などの諸症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。うつの症状は一見するだけだとただ疲れているだけだと感じる人もいるかもしれませんが、その症状が1ヶ月以上、数ヶ月単位で続くという場合にはほとんどが他に原因があると考えられます。それはもしかするとうつではないかもしれませんが、その可能性も捨てきれない限り、できるだけ早い段階で専門医の診断を受けることをおすすめします。

病院を受診させる方法

専門医の診断は基本的に精神科や心療内科などの診療科で行われます。うつの症状を訴える人の中にはそれらの診療科で診断を受けることを極端に嫌がるという人がいます。これはうつの特徴的なケースでもあるため、周りの家族は慎重にアドバイスや助言をしていくことをおすすめします。強制的に病院に連れて行くのは危険ですが、場合によっては早急に治療を開始しなければならないケースもあります。 もしも、家族にうつの症状があるという場合、さらには本人が受診を強く拒否しているという場合には周りの人間が医療機関に相談してみるというのもいいかもしれません。 病院によっては何かしらの打開策を提示してくれるところもあるかもしれませんし、それよって本人が病院での診断、治療への意欲を見せてくれることもあるかもしれません。

診断の難しさが誤解を招く要因に

うつ病は、長い間甘えと誤解されて来ました。確かにうつ病は患者の血液からウイルスが見つかるわけでも、外傷が見られるわけでもありません。そのため、専門医でも診断が非常に難しく、患者の周囲からは、根性が無いなどと罵られることもあり、これがうつ病をさらに重篤化させる一因となった時代もありました。 しかし、近年うつ病が病気として認識されるようになるにつれて、精神医学会でも研究が進められるようになりました。それにより開発された診断方法が光トボグラフィーによる画像診断です。 これは、うつ病の患者と、健常者との脳の血流量の違いを利用した診断方法で、近赤外線を頭に照射し、光が脳を透過する間の血流量を測定することで、うつ病かどうかを判断します。 光トボグラフィーによる検査方法は、現在、100パーセントの精度をもつ方法ではありませんが、うつ病研究の大きな進歩と言えます。

さらなる発展が期待できる治療法

現在、光トボグラフィーによる画像診断は、保険が適用できません。そのため、使用する際は、費用が高額になりますし、診断の精度もあまり高いとは言えません。しかし、この機器の開発は、うつ病研究の大きな一歩であるといえます。 実際、新たな診断方法として、唾液を用いた方法が開発されています。人間は、過度なストレスを感じると、唾液中にアドレナリンに関連した物質が検出されることがわかっているのですが、その濃度を数値化することにより、うつ病かどうかを判断するという方法が開発されました。 同時に治療法も開発されるようになり、現在、経頭蓋磁気刺激という方法が開発されています。これは、磁気刺激により脳の血流量を改善するという方法で、薬を使用しない治療法として、注目されています。 このように、うつ病の診断方法や治療方法は、現在、大きな発展を遂げている途中であると言えます。今後のさらなる発展に期待しましょう。

うつの人口は増加傾向にあります

忙しくストレスの多い現代では、うつ病と診断されている人が増加傾向にあります。 うつ病になると、不眠や意欲の低下などの様々な症状に悩まされれ、最悪の場合には「自分の存在意義を見失い、自ら命をたってしまう」事もあるのです。 現代では、様々な情報が溢れているのでネットなどを利用し、自分で診断してしまう方の割合も高くなっています。 ですが、自己診断でうつ病だと決めつけることは精神衛生的にもあまり良くありません。 自己診断をしてしまうと、うつ病と似た症状の他の病気との判断がつきにくいため、自分の病状の誤った認識をしてしまうことも充分にあり得るのです。 症状を改善していく為には、心療内科などで専門知識をもった医師に相談することが大切なのです。

診断される材料

うつ病と診断されるには、問診家族構成、周辺環境等その人の基本情報が元になります。場合によっては当人以外の家族の意見も参考にされることもあります。治療には家族の協力も必要になります。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る